グリムドーン(GrimDawn)のベンチマーク動画まとめ

グリムドーン(GrimDawn)ベンチマーク動画

グリムドーンをカクつきなく高グラフィックでプレイしたい…!それにはどんなパソコンを選んだりグラフィックボードを選べば良いのだろう…なんて思っている方向けに参考となるベンチマーク動画をピックアップしてきました。

 

グリムドーンのためにゲーミングPCを検討している…グラボの交換を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

 

こちらはGTX970×Core i7-6700Kによる最高設定でのプレイ。おおよそ80fps〜120fpsの数値で安定したフレームレートを出しています。推奨スペックがGTX500シリーズ以上なのでGTX900シリーズなら余裕で快適な動作を実現してくれています。

 

FPSゲームのようにコンマ数秒を競い合うゲームではないので基本的に60fps以上出ていれば問題ありません。この動画のようなスペックのゲーミングPCはBTOメーカーで約12〜15万円程度で販売されています。ミドルスペックの中のハイスペックといった感じの構成なのでグリムドーン以外もほとんどのPCゲームでそれなりの設定で高フレームレートを出せるパソコン構成だと思います。

 

ちなみに動画だとフレームレート等のモニタリングデータが小さいです。全画面にして見るとモニタリング数値を良く見ることができますよ。

 

 

続いてシングル最強GPUでもあるGTX1080によるベンチマーク動画。全ての設定をオールMAXにしてプレイしていても余裕の150fps超えになっています。まさにヌルヌルと動いています。これなら144Hzディスプレイと組み合わせて視覚的にも144fpsの動作を体感することができます。

 

GTX1080搭載PCはBTOだと約20万円前後が相場のスペックになります。単体でグラボだけ狙っても10万円前後ですね。それなりの価格ですが性能は最強です。GTX1080なら今後数年間はグラフィックボードの交換や性能不足を感じることはないでしょう。ちなみに2K、4K解像度でプレイしても高フレームレートが出せると思います。

 

 

続いては2世代前のミドルクラスに位置するグラフィックボード。60〜90fpsが平均値といった感じです。ちなみにプロセッサーはIntel Core i5-4670Kを搭載しているパソコンでベンチしています。新しい世代のGTX900、10シリーズと比較すると性能が落ちる分、フレームレートも下がってきます。動画だとエフェクトが派手な部分が少ないので終盤になって派手なスキル、敵の大群が出てくるようになると60〜80fpsあたりが妥当な数値となりそうです。

 

それでも60fps以上は出ているのでグリムドーン系のゲームをプレイするなら十分と言えます。ただしBTOだとすでに2世代前のグラフィックボード搭載PCがまず販売されていないケースが多いです。それならGTX900、10シリーズといったGTX700シリーズの後継モデルを勝ったほうが他のゲームも安定してプレイできてコスパも高いと言えます。